旭川市の特徴

TOPページ > 北海道 > 旭川市の特徴

旭川市の特徴

旭川市と言えば、冬はマイナス20度の世界。夏は30度超えが特徴の都市で北日本最大の都市で国際会議観光都市でもあります。

旭山動物園は、全国的に有名になった最北の動物園になりますが一年を通して多くの観光客で賑わっており日本第3位の入場者数を誇ります。旭川の冬まつりも全国的に有名な冬の祭りです。

旭川市の文化としては、河川が市内を流れており過去にはいくつもの災害経験を持つ都市で橋の街としても有名で旭川商人と言われていた時期もあり物流の拠点として発展した都市です。


旭川市の内職産業としては、集散地・物流の拠点として農業が盛んで米の生産地は有名なので農産物に関する作業も期待できてソバの生産量は国内3位となっています。

工業では、パルプ・機械金属などの製造業、清酒・ラーメンなどの食品加工業が中心で
商業では、物資流通の拠点として卸売業などが盛んです。

次に、旭川市の就業状況の中でもっとも多い企業は、食品加工業で大手食品工業の企業が揃っています。


旭川市の人口は、1984年頃の36万人をピークに、年々少なくなりつつありますが北海道では2番目に大きい都市になります。


市役所へのアクセス
旭川市役所:所在地〒070-8525
旭川市6条通9-46


大きな地図で見る

旭川市の中心部の駅は、
JR函館本線・石北本線・宗谷本線・富良野線の起点・終点になります。

旭川市のハローワーク情報。
ハローワーク旭川:旭川市春光町
旭川署右京能力開発促進センター:旭川市永山八条


タグ :

旭川市の特徴関連ページ

函館市の特徴
函館市と言えば、太平洋と津軽海峡に囲まれた都市で渡島半島の南東端にあります。函館...
旭川市の特徴
旭川市と言えば、冬はマイナス20度の世界。夏は30度超えが特徴の都市で北日本最大...
北海道の内職求人一覧
北海道 札幌 その他 旭川市 ビ・リーフ ビ・リーフ 業務内容内職あっせん〒07...