函館市の特徴

TOPページ > 北海道 > 函館市の特徴

函館市の特徴

函館市と言えば、太平洋と津軽海峡に囲まれた都市で渡島半島の南東端にあります。
函館の五稜郭は、国の特別史跡指定されており、北海道遺産でもあります。
又、復興のたびにロシア・ウラジオストク港を意識し2階は洋風、一階と内装は和風の建築が多く珍しい風景も特徴です。


函館市の文化としては、昔アイヌ人と大和民族の戦いがあった都市で1988年には青函トンネルの開通によって日本が陸続きになりました。


函館市の産業では、主に漁業と観光を中心で函館のイカ産業は有名でイカソーメンや塩辛、イカをアピールした町おこしなども行っています。
観光名所や温泉にも恵まれており一年中、観光客が訪れる都市なので、土産品の加工の内職など需要もあります。

次に、函館市の就業状況の中でもっとも多いのが漁業で食品加工業がもっとも盛んと言えます。
函館臨空工業団地にIT関連企業も多く集まっています。

函館市の人口は、1980年の約345万人をピークに年々減少しています。全国と比較すると函館市は
少子化問題があげられます。

市役所へのアクセス
函館市役所:所在地〒040-8666
函館市東雲町4-13


大きな地図で見る

函館市の中心部の駅は、
JR函館駅・五稜郭駅 ・函館市電などになります。

函館市のハローワーク情報。
ハローワークはこだて:函館市新川町
ハローワークプラザはこだて:函館市美原
ジョブカフェ・ジョブサロン函館:函館市梁川町


タグ :

函館市の特徴関連ページ

函館市の特徴
函館市と言えば、太平洋と津軽海峡に囲まれた都市で渡島半島の南東端にあります。函館...
旭川市の特徴
旭川市と言えば、冬はマイナス20度の世界。夏は30度超えが特徴の都市で北日本最大...
北海道の内職求人一覧
北海道 札幌 その他 旭川市 ビ・リーフ ビ・リーフ 業務内容内職あっせん〒07...