いい保険でも古くなる

TOPページ > 保険 > いい保険でも古くなる

いい保険でも古くなる

いい保険でも古くなる。医療技術の進歩に合わせて見直し

私の母は生保レディーで、内職しながら私たちが子供のころから駅の裏の会社に勤めて頑張っていました。職域といって、地域のさまざまな会社を回り、契約を取ってくるのです。
地域の住民の家にピンポンで生命保険の紹介をするということもやっていました。
月何件かの契約を取るノルマがあり、頭も使いますが、軽いフットワークも必要で大変な仕事でした。母が仕事していた時期に私が入った年金保険がありますが、
1990年代に入ったものなのでとても利率がいいものです。


母はガンでもう亡くなりましたが、母が入らせてくれた年金保険は毎年自分で払い続けて、大事にとっておき、私の保険はそのまま毎月の掛け金を振り込んでいました。
しかしそのうち、一人の営業の方が私の担当になったと訪ねてきてくれました。
証書をわかりやすくしたものを見せてくれ、今の契約内容が、いかに現代医学にあっていいないか説明してくれました。
医療の進歩に対して、私の保険は古くなる過ぎたのです。
慌てて、教えてもらい今の自分に合った無いように転換してもらいました。
どんなによい保険も必ず古くなります。
保険を時々見直すことは絶対に必要だと思いました。

 


タグ :