青森市の特徴

TOPページ > 青森県 > 青森市の特徴

青森市の特徴

青森市と言えば、
青森ねぶた祭りは、全国のみではなく世界的にも知名度が高く毎年多くの観光客が祭りを観に訪れています。
三内丸山遺跡や観光物産館アスパムも有名な場所となっています。

青森市の文化としては、江戸時代の初期には港町として栄えた都市です。
2003年には、アジア冬季競技大会、2007年には、世界女子カーリング選手権大会などの開催地でもあります。

青森市の産業では、
第一次産業は約4%セントと低く第三次産業・第二次産業が盛んとなっています。
また農業では、青森のリンゴは全国第三位の出荷量で
ブランド品として人気があります。
国内生産の9割を誇るカシスもアピールや青森の特産品として
力を入れています。

次に、青森市の就業状況の中でもっとも多いのが第三次産業への就業人口がもっとも多く約78%がサービス業や小売り業など多様な就業状況となっています。内職を探す場合小売り業種に絞って探せばいいでしょう。

青森市の人口は、
2000年をピークに減少しており
20代から40代の世代が低く
30代以降、女性に比べて男性人口が減少しています。
70代から、女性人口が特に多い傾向にあります。


大きな地図で見る

市役所へのアクセス
青森市役所:所在地〒030-0822
青森市中央1-22-5

青森市の中心部の駅は、
JR青森駅・東北新幹線の新青森駅となります。

青森市のハローワーク情報。
ハローワーク青森:青森市中央
ハローワークヤングプラザ:青森市安潟