盛岡市の特徴

TOPページ > 岩手県 > 盛岡市の特徴

盛岡市の特徴

盛岡市と言えば、盛岡のわんこそばは全国的にも有名で江戸時代からわんこそばがあったと言われています。
秋田新幹線や東北新幹線など、更に発展を目指しています。
また、盛岡市は城跡や神社、温泉も多く金田一京助や石川啄木など先人の石碑も残っています。

盛岡市の文化としては、盛岡城跡があり城下町として栄えた都市で盛岡城をメインに開発がされて開けています。
盛岡駅周辺は道路が狭く中津川の上流は水源保護となっている自然豊かな都市でもあります。

盛岡市の産業では、就業人口の80%以上が第三次産業の小売店などになりますので、地域の産業を中心とした内職に取り組めると良いでしょう。
高速交通や新幹線などの開通によって流通に関しても便利な都市になり注目されています。

次に、盛岡市の就業状況の中でもっとも多いのが第三次産業への就職になります。
年間商品販売額も多く東北地方で第三位になります。

盛岡市の人口は、20代から40代までは全国平均よりも多くの若い世代目立ちます。2000年は、約30万人の人口があり
横ばいとなっています。


大きな地図で見る
市役所へのアクセス
盛岡市役所:所在地〒020-8530
盛岡市内丸12-2

盛岡市の中心部の駅は、東北新幹線:盛岡駅となります。
盛岡駅からは北東北行きの高速路線バスも多く発着しています。

盛岡市のハローワーク情報。
ハローワーク盛岡:盛岡市紺屋町


タグ :