秋田市の特徴

TOPページ > 秋田県 > 秋田市の特徴

秋田市の特徴

秋田市と言えば、東北を代表する夏祭の竿燈まつりが有名です。
千秋香典の久保田城跡や高清水公園の秋田城跡なども名所となっています。

秋田市の文化としては、久保田藩時代から城下町として栄えた都市で現在も秋田駅周辺に多くの企業が集まっており一挙集中型の都市でもあります。

秋田市の産業では、県内をメインに拠点としている企業が多く集まっていますが秋田新幹線の開通から仙台や盛岡へ流れていく傾向が強くなり
市内ではビジネスホテルが多く建設されています。内職については市内中心部にはデパートや飲食店街が集中してるので中心部での求人を探すのも良いでしょう。

次に、秋田市の就業状況の中でもっとも多いのが市内で秋田市はプライメントシティとなっています。
工業や鉱業の発展により人口が集中して都市化しています。

秋田市の人口は、1970年代に25万7千人から2000年には33万人を超えましたが、40代全般までの人口の少なく40代後半からの人口が全国に比べて多い傾向にあります。


大きな地図で見る
市役所へのアクセス
秋田市役所:所在地〒010-8560
秋田市山王1-1-1

秋田市の中心部の駅は、秋田新幹線:秋田駅、
JR秋田駅、秋田港駅になります。

秋田市のハローワーク情報。
ハローワーク秋田:秋田市中通。
秋田新卒応援ハローワーク:秋田市御所野地蔵田。
ハローワークプラザアトリオン:秋田市中通。


タグ :